行政書士ボット

機械学習で進化する行政書士Gyobot Blog

タグ一覧

任意後見契約(4)
本人(委任者)が元気なうちに、将来的に本人(委任者)の事理を弁識する能力が不十分な状況におちいった場合を想定して、自己の生活、療養看護及び財産の管理を一部または全部を、代理人(受任者)に代理してもらうことを約束する契約です。
在留資格(2)
外国人が日本で行うことができる活動又は認められた身分若しくは地位を在留資格といいます。
Python(2)
「シンプルで読みやすいコードが書けること」を設計思想の一つにかかげているプログラム言語で、初心者にも理解しやすくプログラミング教育用にも用いられることも多いです。
ライブラリや外部パッケージが豊富で人工知能、データ分析、Webアプリケーション開発などを始め多方面で利用されています。
財産管理等委任契約(2)
判断能力が低下する前に何らかの理由で自己の財産の管理を一部または全部代理してもらいたい場合にする契約です。
死後事務委任契約(2)
死後、葬儀や埋葬などについて代理して遂行してもらうための契約です。
遺言(2)
特定の人の了解を得たり、内容を知らせる必要のない単独の意思表示です。15歳に達していれば誰でもすることができます。成年被後見人であっても、判断能力を一時回復したときは、医師2名以上の立ち会いの下に遺言ができます。
公証役場(2)
公証役場は法務省管轄の役所です。
公証人と呼ばれる裁判官OBや検察官OBなどの法律の専門家が常駐しています。
公証役場は法務省管轄でありながら、独立採算制をとっており、公証役場の収益で経営しています。
契約書に誤りがないかなどをチェックして、書類の内容に保証を与えるのが公証役場の基本的な役割です。
公正証書の作成や会社等の定款認証などの業務をおこなっています。
Bottle(1)
PythonのWebフレームワーク。1ファイルで構成されていて設置が容易かつ、軽快に動作するシンプルなフレームワークなので、ちょっとしたWebアプリの作成に最適です。反面、DB接続や会員管理などの機能はないため、本格的なWebアプリ作成には不向きです。
遺産分割(1)
指定分割、協議分割、調停・審判分割といった遺産分割の方法がある。遺産分割の対象となるのはプラスの財産である積極財産のみで、消極財産は相続人の相続分に応じて当然分割継承されます。
相続人全員の同意があれば、遺言の内容と異なる遺産分割も可能です。
Django(1)
Pythonの代表的なフルスタックWebフレームワークです。
Bottleに比べると学習コストは高くなりますが、コード量の低減や迅速な開発を設計思想としているため、手軽に本格的なWebアプリケーションを構築することができます。
定款(1)
株式会社やNPO法人、公益法人、社団法人、財団法人などの個々の私法人の組織・活動について目的・組織・活動・構成員・業務執行などの基本規則を記録したもので、会社における憲法と比喩されることもあります。紙や電子媒体に記録されます。
事実婚(1)
広義では内縁も含めた婚姻事実関係一般を意味し、婚姻届けを提出していない男女関係として法律婚の対立概念として用いられることが多いです。
狭義では自らの主義主張があって、婚姻の届出を主体的に提出しない男女関係を意味します。
内縁(1)
何らかの意味で法律婚をしていないという意味では事実婚と同じですが、内縁の場合は社会的に事実上の婚姻と同様の実態を備えている必要があります。
一定の要件を満たせば、法律上認められる概念で、法的保護が与えられます。
事実婚が自らの主義主張で主体的に婚姻届を提出していない男女関係を定義するのに対し、内縁の場合は「婚姻の届出を提出する意志はあるが、何らかの理由でそれができない男女関係」というニュアンスが含まれます。